小倉優子も…なぜ妊娠中の妻を夫は不倫で裏切るか

小倉優子 夫 不倫

妊娠中でナイーブな状態の小倉優子さん。「コリン星からきました」という不思議キャラで売っていたのも昔の話で、今や妊婦さんですよね。

今後、二児の母親となる小倉優子さんですが、夫の不倫が発覚したのは記憶にあたらしいところ。

なぜ男性は、妻が不倫をしているという状況で不倫ができるんでしょうか?

 

◆結婚しても男性は「オス」のまま?不倫をしてしまう理由とは

たとえ籍を入れても、妻が妊娠しても、“男性の本能”というものはやっかいなようです。

妊娠中は奥様の体もナイーブなことが多く、今まで順調に毎夜重ねていたラブタイムも、妊娠と同時にできなくなるケースが多いですよね。

ただ、結婚しようが、妻が妊娠しようが、男性というのは“オスとしての欲求”を捨てさることができないようなんです。

小倉優子さんの夫も、もしかすれば“欲求不満状態”に陥ってしまっていたのかもしれませんね。

 

◆妊娠中に夫の性的欲求を満たすにはどうすればいい?

妊娠中は、つわりもそうですが、夏の時期は暑さもあって体調不良を起こしやすい妊婦さんが多いですよね。

少し歩こうものならお腹が痛くなったりと、とても激しい動きができるとは思えません。

でも、夫は高確率でこう思っているんです。

「ああ…やりてぇ」

そんな男性の本能を埋めるためには、たとえばオーラルやハンドで夫の欲望を埋めてあげるのも一つの“不倫防止”の手段です。

普通は、生まれてくる子どものことを考えれば、不倫なんてありえないことです。

でも、それよりも“自分の欲求”が勝ってしまう男性が多いのも事実なんです。

 

◆共通の趣味を持って連帯感を培うのも大事!父親としての自覚も

妊娠時期は、ついつい体重が増えがちですよね。

なので、旦那様と一緒にウォーキングをしたりするのも大事ですよ。日々の体の変化を旦那様に伝えることで、自身の体がどのような状態で、生まれてくる子どもがどのように将来を歩んでくれるかといった会話をしながらのウォーキングは、特におすすめです。

というのは、男性というのは子どもが生まれなければ、いざ“父親としての自覚”というのは芽生えにくいため。

子どもが生まれてから“父親としての役目”を果たしてもらうことも大事ですが、あらかじめ“父親としての自覚”を持ってもらうことも、不倫防止の一つの手段になりますよ。

一緒にベビーグッズを見に行ったりするのも、父親としての自覚を生み出す秘訣です。

 

まとめ

いかがですか?

妊娠時期は、女性の体はナイーブな状態になりがちです。

そんなときに、小倉優子さんのように不倫をされてしまえば、ただでさえツライ状況がよりツラくなってしまいますよね。

男性に任せっきりにするのではなくて、女性からも旦那様に“父親としての自覚”を植え付けるのも大事かもしれませんね。

 

Eye-catching image by

https://news.nifty.com

小倉優子 夫 不倫

気になったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA