美乳づくりは首と肩甲骨をエクササイズすることが大事

美乳づくり

「大きい胸はほしくても、努力だけではどうにもならない」とため息をつく方の中には、「美乳にはなりたい」という路線変更をされた方は多いですよね。

「どうせ大きくても、年取ったら垂れるだけでしょ?」」と負け惜しみを言いそうな状況でも、美乳づくりの努力を続けることは大事です。

同性から見られるスタイル磨きにもつながりますが、最近は“美乳フェチ”も男性から絶賛される時代。

美乳づくりの秘訣は、「肩甲骨」と「首」をうまくほぐすことから始まりますよ。

 

 

◆肩甲骨をほぐせば「美乳」になれる理由


By:http://belta-cafe.jp

スマホの普及やデスクワーカーの方が増えた影響で、肩こりに苦しむ女性は多いですよね。

多くは“腹筋不足”からくることの多い「猫背」ですが、猫背は垂れ乳まっしぐらの悪姿勢。ただ、猫背になるのは腹筋が弱いだけが理由ではないんです。

普段、デスクワークを繰り返していると、肩はあまり動かすことはありませんよね。なので、肩甲骨周りも結構が悪くなりがちになり、腕を回すだけで肩甲骨にかすかな痛みが出るという女性もいます。

ただ、実は“美しくない胸”の原因は、背中に余分なお肉がいっていたりだとか、肩甲骨に柔軟性がないため、大胸筋と連動した動きが取れておらず、上半身の筋力が落ちていることからなんです。

肩甲骨をほぐすには、手をグーにして体側に両手を向け、肘を引っ付けた姿勢を取ります。そのままグッと肘を体の後ろに持っていくようにし、拳を後肩から肩甲骨まで引っ張り、ぐるっと肘を回すことでほぐれてきますよ。

中には「肩甲骨はがし」のような体操もあるので、肩こりや首こりに悩んでいる方にもオススメです。

“天使の羽”と呼ばれる肩甲骨。

背中美人になれば、その分、胸に脂肪がいったりだとか、筋力が柔軟になることで、ハリのはるバストを得ることにもつながるんです。

 

◆首は「ストレートネック」?首が姿勢や美乳にも影響を及ぼす


By:http://01.gatag.net

今や、スマホはライフワークに無くてはならないものですよね。

また、デスクワークの方も、ノートパソコンの作業が増えると、どうしても首が「ストレートネック」などになりがちです。

首がストレートネックになったり、あまりに動きが取れないと、胸へも悪影響が。というのは、首とリンパは密接な関係にあり、リンパの血流が悪いということは、胸の血行も悪くなっているということです。

血行が悪くなると、胸のハリも衰えてしまいがちに。また、悪姿勢が続くと、下っ腹だけが出るという状況にもなりやすいんです。

胸は垂れてて小さいのに、下腹だけ出ているなんてことは、露出の多くなる夏には避けたいところですよね。

首の矯正は専門のマッサージ師や整体師に任せることが大事なんですが、たとえば筒状の枕を使ってみることも大事です。また普段、腹筋を意識して首に負担をかけないように意識するなど、「座り方」にも気をつけたいところですね。

首周りの血行がよくなると、バスト周りの血流もよくなり、筋力適正化で“ハリのある美乳づくり”ができますよ。

 

まとめ

いかがでしょうか。

バストアップにもこだわりたいところですが、美乳づくりも女性には大事な要素。

肩甲骨をほぐすことと、首に負担をかけないことも、隠れた“美乳づくり”のコツなんです。

合わせて“姿勢美人”にもなれるので、女性にとっては肩甲骨と首を意識することは大事ですよ。

 

Eye-catching image by

http://weheartit.com

美乳づくり

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA