梅雨は肌荒れに注意!汚肌を解消するには

梅雨 肌荒れ

ジメジメとした季節は、心身ともにアンバランスになる女性も多いですよね。

心身ともに健康的でないと、お肌も荒れがちになり“汚肌”の進行も進みがち。

こんなジメジメした梅雨だからこそ、肌荒れに注意して、お肌のケアを外部からも内部からもしっかりとしたいですよね。

◆梅雨に肌荒れが進行する原因は「季節の変わり目」と「紫外線」

ただでさえ蒸していると、ジンワリとした汗をかきやすく、気持ちが悪いですよね。

梅雨は湿気も高く、また、春から夏への季節の変わり目なので、お肌の状態もアンバランスになってしまいがち。

紫外線が降り注ぎやすいのは“夏”というイメージが強いかもしれませんが、6月前後は特に紫外線が強いため、それが肌荒れの原因にも。「まだ大丈夫」と、UVケアを怠っていると、あっという間に“汚肌”が進行しがちになってしまいますよ。

 

◆肌荒れ対策!梅雨のお肌のケアにはインナーケアも大事

「今年こそはカレを!」と意気込む方も多いかもしれませんが、お肌が荒れがちになると、とたんに自分への自信も失ってしまいやすくなりますよね。

この季節は、梅雨独特の湿気と紫外線、またまだ暑さに体が慣れていないという状態なので、お肌が荒れてニキビや吹き出物が出たりもしますよね。

なので、こんな季節だからこそ“インナーケア”を大事にして、有酸素運動などで“キレイな汗”をかくことが大事なんです。運動が苦手な方は、岩盤浴でじんわりと汗をかいて、内蔵からケアしてあげるのも“お肌のケア”につながりやすいですよ。

また、食欲が落ちやすい季節でもありますが、しっかりと野菜を摂ったりと、ビタミンの摂取を意識することも大事ですよね。

 

◆肌荒れが気になるから…「ファンデ厚塗り」は汚肌進行待ったなし!

お肌が荒れると、どうしてもファンデーションの厚塗りでごまかす女性も多いのでは?

ただ、お肌が荒れた状態での“ファンデ厚塗り”は、“荒れた汚肌”がより荒れやすくなる大きな原因にも。

「断食肌」などで、お肌を休ませることも大事ですが、「スッピンなんかで外出できない!」なんて方は、ミネラルファンデーションやBBクリームなどをうまく活用することが大事。

くすみやシワ、吹き出物・ニキビを“お肌に健康的に隠せる”コスメ選びも重要ですよね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

夏も目前ですが、夏にお肌がスベスベな状態になっているには、お肌が荒れやすい梅雨の季節から、真剣にお肌のことを考えていきたいですよね。

インナーケアもコスメ選びも妥協せず、この季節特有の“汚肌”からうまく解消されてくださいね。

 

Eye-catching image by

beauty teen in poolside / Carol Yepes – Getty Images

梅雨 肌荒れ

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA