人間関係に疲れる…職場や学校でうまく人付き合いするには

人付き合い

現代社会では、「人付き合いに疲れた」なんて方も多いのでは?

書店にいけば、「人からよく思われる方法」などのノウハウ本も多く、ベストセラーになっている本も多いですよね。

ただその半面、「人の目は気にしない」という、“自己肯定型”の書籍も増えてきていますよね。

「職場でハブられて“人間関係”に悩んでいる」という女性も多いでしょうが、はたして“自分をよく見せる”のと、“人の目は気にせず、自分の好きなように生きる”のは、どちらがいいんでしょう?

 

 

◆「人からよく思われたい」人間関係が逆に人に嫌われることに?


By:Michael H / Getty Images

人からよく思われたいがために、“周りに合わせてしまう”という方も多いですよね。でもこれは、実は逆に“他人から嫌われる”可能性もありますよ。

というのは、無理に“違った自分”を演じてしまうと、自分自身に対して「ストレス」を押しつけてしまうためなんです。

ストレスが高まり、「無理」がたたると、結局、“余裕のない自分”になってしまうので、周囲に対してポジティブな思考を持てなくなりがち。

視野が狭くなってしまっては、自分のことで精一杯になってしまいますよね。

また、無理にポジティブに振る舞うのも、自分自身に対してストレスをかけることになってしまいますよ。

 

◆「ありのままの自分」が一番?人付き合いで困らないようにするには


By:Hero Images / Getty Images

いわゆる“空気がよめない人”はどこにでもいますよね。

でも実は、自分自身に対して一番“優しい”のは、「空気がよめない人」なんです。自分自身の感性に対して素直なので、ありのままの自分で振る舞えますよね。

もちろん、要所でのある程度の“気配り”は大事ですが、下手に空気を読み過ぎる人よりも、“ありのままの自分”でいることのできる人は、自分自身に対してストレスが少ないですよね。

ストレスがかかりすぎていない状態だと、自分自身に対して“心の余裕”ができるので、逆に“周囲に気を遣わせない自分”でいることができるんです。

無理やり“周囲に合わせる”よりも、“ありのままの自分”でありつつ、職場の人間関係を自然体で作り上げていくことが大事なのかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしょうか。

職場では、「人間関係」が原因で退職する人も多い現代。ただ、“他人はあくまで他人”で、結局は「自分がどうしたいか」を重視することが大事なのでは?

自分の心に素直になって、周囲を和ませる一員でありたいですよね。

三代目 文春砲予告を食らうも…「ありえない」と怒りの声が

2017.11.21

るろうに剣心作者 和月がロリコンで書類送検…なぜバレたか

2017.11.21

大和里菜 乃木坂46解雇と高橋祐也からのDVの関連性は

2017.11.21

深イイ話 えなこが美人コスプレイヤーとして可愛いと話題に

2017.11.20

広瀬すず 「夏空」で朝ドラヒロインも…演技に対して不評?

2017.11.20

 

Eye-catching image by

Friends with sparklers enjoying party / Hero Images – Getty Images

人付き合い

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA