今年は酷暑!暑い夏は脇の汗とわきがに注意

2016年は5月というのに、酷暑続き。

北海道で真夏日になったりと、「ラニーニャ現象」という“最も暑い夏”がやってくるようですね。

暑い夏に気になることといえば、汗。特に、脇の汗や、汗のニオイが気になる方も多いのでは?

「もしかして“わきが”?」

脇の汗が多いと、ついつい心配になってきますよね。

まずは、自身がわきがなのかどうかをチェックする必要がありますよ。

◆脇の汗がダラダラ出る夏に「わきが」のニオイは地獄!汗腺の種類でニオイが違う?

脇の汗が出やすいといっても、必ずしも“わきが”とはかぎらないんです。

というのは、脇の下の汗腺は2つあって、“ニオイの強い汗”と“無臭の汗”の二種類があるため。

「エクリン腺」という汗腺から出る汗は無臭なんですが、わきがの人に多いのが、汗そのものが臭い「アポクリン汗腺」。

この「アポクリン汗腺」の汗が雑菌と混じり、わきがのニオイを出してしまうんです。

なので、アポクリン汗腺が発達しているかどうかを知る必要がありますよね。

 

◆「わきが」をチェックするには耳垢が鍵?遺伝レベルの高いわきがの恐怖

わきがのチェック方法には様々あり、アポクリン汗腺が発達しているかどうか確認できるんです。

 

✔️白いシャツの脇の下が黄ばんでいる

✔️やたら汗っかきである

✔️耳垢がねっとり湿っている

✔️脇毛の量が多く濃い

✔️「臭い」と指摘されたことがある

 

特にこの中でも、“耳垢が湿っている”という方は要注意。

かなり高い確率でわきがであることが多いんです。

 

◆わきがのケアに市販のデオドラントグッズは無意味?海外製のデオドラントで無臭に

わきがにもニオイの程度があり、“軽度のわきが”であれば、市販のグッズでニオイがかなり軽減されるようです。

ただ、“中度のわきが”から“重度のわきが”であれば、日本で販売されているデオドラントグッズでは“焼け石に水”。

できれば、海外から個人輸入するなどして、海外製のデオドラントグッズを買ったほうがいいようです。

というのは、外国人は7割~9割がわきがであるといわれているので、デオドラントグッズも“効き目が強い”ものが多いんです。

ただ、海外からの輸入は面倒だし、どんな品質かも分かりづらいですよね。

そこでオススメなのが、日本でもリピーターが多いといわれ、ケタ違いの防臭・制汗力で有名な『デトランスα』

海外製なので、アポクリン汗腺をガッチリとガードできるんです。

暑い夏だからこそ、脇の汗対策をしっかりして「わきが対策」をきちんとしたいですね。

『デトランスα』は、初回限定2,900円で1ヶ月分使えるので、「合わない」だとか、「効かない」と思えば、そこで止められるのが安心ですよね。

市販のデオドラントグッズを使い続けるよりも、効き目の強い『デトランスα』で、“ニオイ”と“汗”から開放される、快適な夏を過ごしてみては?

 

まとめ

いかがでしょう。

今年は「ラニーニャ現象」で、これからますます暑くなりそうですよね。

そんな時に、「汗が出すぎて“わきが”が気になる……」ということにならないよう、適切なデオドラントケアで“臭わない夏”を快適に過ごしてくださいね。

 

◆参考◆

Sponsored by YOUUP INTERNATIONAL

 

Eye-catching image by

Mirror image of woman applying deodorant in the bathroom / Westend61 – Getty Images

あわせてどうぞ♪<広告あり>

いつもシェアありがとうございます❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA