好きな人と付き合える確率が5割増しなのは「金曜日の夜」

「ハナキン」という言葉が昔からあるように、金曜日の夜は気分も上がりますよね。

社会人同士でも、大学生同士でも、好きな人と金曜日の夜に飲みに行くということも多いのでは?

実は、好きな人と付き合うには、「金曜日の夜」に気持ちを伝えると成功しやすいんです。5割増しぐらいに成功しやすいと言っても過言ではありませんよ。

今回は、金曜日の夜に、好きな人と結ばれやすい理由をご紹介しちゃいます。

◆「金曜日の夜」はストレスフリー状態!楽しいことで脳がリラックス状態にも


By:Caiaimage/Chris Ryan / Getty Images

仕事なり講義なり、平日はストレスが張った状態が続きますよね。なので、脳は緊張状態が続き、リラックスできる時間というのは限られているんです。

夜に寝て、朝起きるという生活をちゃんとこなせているのは、交感神経が高ぶって、「仕事や勉強」をするスタンバイ状態にあるため。

その高ぶった神経は、金曜日の夜に一気に“リラックス状態”に。土日が休みだと、金曜日の夜は開放感にあふれて、副交感神経優位の“リラックス状態”に早変わり。

ストレスフリーのときは、好きな人とも楽しく会話できそうですよね。

 

◆「金曜日の夜」は誘惑がいっぱい…!? 開放感やリラックス状態で男女の関係も生まれやすい


By:DUEL / Getty Images

金曜日の夜はリラックス状態になりやすく、気兼ねなく飲みにいける曜日でもありますよね。

ついつい深酒をしてしまい、本音がポロリと出やすい日でもあるんです。

もし好きな人と一緒に飲んでいる時、集団であろうと二人きりであろうと、金曜日の夜は「長い夜」を意識してしまう雰囲気になることも。

男性はつい下心が働いてしまうようなので、女性側から多少アプローチをしただけでドキドキしてしまうことが多いようなんです。

“カラダだけの関係”になってしまっては損ですが、もし好きな人とどうしても付き合いたいときは、リラックス状態で気兼ねなくお酒が飲める「金曜日の夜」に男性にアプローチしてみてはいかがでしょう?

 

まとめ

いかがでしょうか。

深酒をした結果、翌朝ベッドの上には「隣に男性が!」なんてシチュエーションもありますよね。

もちろん、好きな人であれば“複雑”でしょうが、なかなかアプローチのきっかけや、気持ちを伝える機会がないときには、「金曜日の夜」を利用するのも一つの手段かもしれませんよ。

ただ、「都合の良い女」に成り下がらないようにだけは注意してくださいね。

 

Eye-catching image by

Mobile at Bar / Ai – Getty Images

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA