過食症?「食べ過ぎ」と「うつ状態」には関係があった

過食症?「食べ過ぎ」と「うつ状態」には関係があった

どれだけ食べても食欲が止まらず、気がつけば胃が腫れ上がるまで食べてしまう。

実は、過食症の方には“うつ”が大きく関係しているんです。

というのは、食欲が異常に出てしまう原因の一つに、セロトニンがうまく出せていないことが原因だといわれるため。セロトニンが低下すると、何かしらの行動で“欲”を満たそうとしてしまいます。

特に女性に多いのが「過食症」。

そんな食べ過ぎによる「過食症」と「うつ状態」を解消するには、どうすればいいでしょう?

 

◆過食症かも…食べても食べても満足できないのは「セロトニン不足」が原因だった

「過食症」は、「拒食症」と同時に合併することが多く、いわゆる「摂食障害」につながる大きな原因なんです。

摂食障害になる多くの原因として、「過食症」で食べ過ぎた結果、「拒食症」で無理やり痩せたり、「過食症」でも無理やり吐いたりするケースが多いんです。

となると、摂食障害の入り口ともいえる「過食症」を解消することが、摂食障害を避けることができますよね。

この「過食症」の原因の一つに、「セロトニン不足」により、脳が無意識に「食べること」で脳内ホルモンを分泌させようとすることがあるんです。

そのため、食べても食べても満足できず、気付けば夜中まで食べっぱなしということにも。

なので、「過食症」を抑えるためには、「セロトニン」をうまく出すことが大事になってきますよ。

 

◆過食症を断絶するには「セロトニン」を出すことを意識して「うつ状態」からも開放へ

食べ過ぎてしまう「過食症」は、食べ過ぎた後に強烈な自己嫌悪が襲ってきますよね。その結果、「うつ状態」になってしまう方も多いんです。

なので、「セロトニン」を出すことを常に意識することも、「過食症」を抑える一歩ですよ。

「セロトニン」の他にも、過食症の原因の一つとして、自律神経のアンバランスが原因にもなりえます。

自律神経には、脳が活発な動きをする「交感神経」と、リラックス状態になる「副交感神経」の二種類があるんですが、これらのバランスが取れないと、異常な過食を体が求めることにもなりえるんです。

「セロトニン」を出しつつ、“自律神経を整えること”を意識することが、「過食症」からの「拒食症」、あるいは「過食嘔吐」といった摂食障害を解消する一歩になるんです。

 

ヨガをして体をリラクックスさせる

音楽を聴きながらアロマをリラックスしてみる

ジョギングやウォーキングなどのリズム運動でセロトニンを活発に

感情をはっきりと出せる話し相手をみつける

食べること意外に「夢中になれること」をみつける

自分を否定しない

 

この中でも、リズム運動は特にオススメ。とはいえ、体にエネルギーがないときは、動くことすら難しいという方もいますよね。

そんなときは、「自分の好きなこと」を少しずつでもいいから見つけることが大事。また、「過食」である自分を責めすぎないことが大事です。

世の中には「過食症」になりながらも、時間をかけて「自分のリズム」を取り戻せた方が多いんです。

無理をせず、まずは「脳内ホルモン」を満たしてあげること=自分を認めてあげることを大事にしてみては?

 

まとめ

いかがでしょう。「摂食障害」の入り口である「過食症」には、「うつ状態」が関連していることも多いんです。

食べ過ぎたり、食べ過ぎて吐いてしまうことは、正常な体の状態ではないので、まずは“普通ではない”と自分を認めてあげることが大事。

頑張るのは、まずは「自分のリズム」を取り戻してからでも遅くないですよ。

無理は禁物ですが、軽い運動などで、少しずつ歩み始めるのも「過食症」の改善につながるので、できそうなときにウォーキングなどから始めて、セロトニン不足を克服してみてくださいね。

 

 

Eye-catching image by

Bulimic Girl in Grungy Bathroom Throwing Up /  kevinruss – Getty Images

過食症?「食べ過ぎ」と「うつ状態」には関係があった

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA