ベッキーもゲス川谷も…男と女は不倫の定義が違う?

『金スマ』で涙ながらに、これまでの経緯と謝罪をしたベッキーさん。賛否両論ありますが、「好きでした」と不倫関係を認めたことが話題になっていますよね。

また、放送後にはゲスの極み乙女の川谷絵音さんもブログを更新。

「今回の不倫で、奥さんもベッキーさんも不幸にしてしまった」と発言。

ゲス川谷さんの元・奥様は妊娠中で、今回の不倫は最悪のゴールに。ここで問題になるのが、ベッキーさんの主張する“不倫”と、ゲス川谷さんの発言する“不倫”。

お互い、何を持って“不倫”としているかが、男女の不倫の定義の違いを物語っているのでは? そんな男女の不倫の定義の違いは、どこにあるんでしょう?

◆ベッキーは「気持ちの不倫」を明らかに…女性は「好き」が不倫に?


By:http://livedoor.blogimg.jp

「不倫の定義って何?」は、十人十色。いろいろな意見があるかもしれませんが、多くの女性が「既婚者に気持ちが動いてしまえば不倫」と考えるようです。

というのは、“好きという気持ち”がなければ、よっぽどのことがない限りは既婚男性と仲良く二人で「男性の実家」には行けませんよね。

ベッキーさんも、“好き”という感情を抑えられずに、冷静な状況を見極めることができていなかったようです。

ベッキーさんのよう、一度、“好き”という気持ちを持ってしまえば、女性はその感情に従ってしまうと、罪悪感を覚えながらも既婚男性と付き合ってしまうんです。

ベッキーさんの『金スマ』での謝罪では、“男女の体の関係”があったかどうかはともかく、「既婚男性を好きになってしまったから」という理由で“不倫”をしてしまったことが浮きぼりになっていますよね。

 

◆ゲス川谷も…?男性の多くは「不貞行為」まですると不倫と考える派多数か


By:http://amd.c.yimg.jp

「“誰に謝ればいいの?”の発言は、ベッキーさんや奥様、ファンの方ではなくて、心ないコメントをSNSに書いてくる人たちにです」としながらも、“不倫”の事実を認めたゲス川谷さん。

そもそもの今回の「不倫騒動」の原因は、“既婚”ということを隠しながらベッキーさんの“好意”につけこんでしまったからでは?

既婚男性の大多数が、「最後までしなければ“不倫”じゃない」と考えている可能性があり、最初は“既婚であることを隠す”傾向もありえるんです。

というのは、男性は気持ちがなくても女性を“抱く”ことができるから。

最初は「火遊び」のつもりでも、気付けばお互いが“ドロドロ”となってしまった過程になってしまったように見えますよね。

 

ベッキーさんは“気持ちが動いたから不倫で、結果的にゲス川谷さんと最後までした”という考えが濃厚。

対して、“ベッキーさんを好きという気持ちは多少ありつつも、最後までしたから不倫”というゲス川谷さんの考えが見え隠れしていますよね。

「好きになったから不倫をしてしまった」ベッキーさんに対し、「好きであることを知ったから、不倫をしてみようとした」という川谷さん。そんな可能性もありえますよ。

 

まとめ

今回の不倫騒動で、多くの人からバッシングの対象となっているベッキーさんとゲス川谷さん。あまりの炎上ぶりに、過去に例がないぐらいの“不倫騒動”となってしまっていますよね。

男性はいつも“したい”と思っているのに対し、女性はいつも“気持ち”を求める傾向が強いのでは?

今期は不倫を取り扱った『不機嫌な果実』でも、男性と女性の不倫が描写されていますよね。

不倫の行き着く先は“不幸。“刹那の快楽”はほどほどにしておいたほうがよさそうですよ。

 

 

Eye-catching image by

https://pbs.twimg.com

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA