連休明けにやる気が出ない時は五月病に注意

長い連休も終わり、仕事や学校に行くのが億劫になっている人も多いですよね。

しかも、連休明けの影響で銀座線は大混雑。

連休明けを象徴するように電車が運転を見合わせて遅延となると、やる気が出ないのにも拍車がかかりますよね。

そんなGWの連休明けだからこそ気をつけたいのが「五月病」です。

この連休明けに“やる気が出ない症候群”をうまく解決する方法をご紹介しちゃいます。

◆連休明け必須!? 「なぜやる気が出ないか」を自分で明確にしてみる


By:Tom Merton / Getty Images

仕事や勉強から“逃避”できていたGWの連休明けは、現実に直面する思考すら働かなくて「どうしたらいいか分からない」と脳がお休みモードのままになりがち。

「なぜ今、自分はやる気が出ないのか」

これをノートや紙に走り書きしてみるんです。「体が重いから」、「嫌いな上司と会わなければいけないから」、「苦手な数学の授業があるから」、「仕事が溜まりすぎていて、仕事したくない」、など。

実際に“やる気が出ない原因”を書いてみると、次に何をすればいいかを“ぼんやりと”考えることができますよ。

連休明けは一気に物事を解決しようとせずに、スロースタートで乗り切ったほうがいいかもしれませんね。

 

◆連休明けの鬱対策!あえて自分の好きなことを


By:BraunS / Getty Images

「GWはあれだけ遊んだし、ゆっくりしたからちゃんと仕事(勉強)しないとな……」

そんな思考に陥ってしまうからこそ、連休明けというのはやる気が出ないもの。日本人の勤勉性ゆえに、休み明けは“やる気が出ない症候群”が出やすくなってしまうんです。

もちろん、やるべきことが山積みな状況に変わりはないでしょうが、ここはあえて「マイペース」で物事を進めてみませんか?

また、その際、夕方に自分の趣味の予定を立てておくことが大事。

お酒を飲みに行くだとか、趣味のボルダリングをしてみるだとか、あるいはスポーツクラブに行くだとか、自分の好きなことを予定しておくと、何とか「今日」は乗り切れますよね。

5月は、“1日を終えた”という感覚で、無理なく仕事や勉強に向き合うのも、五月病を避ける対策の一つなんです。

 

◆やる気が出ない!そんなときには体を動かしてセロトニン放出を


By:Steve West / Getty Images

楽しかった連休も終わると、GW中に出ていた“幸せホルモン”と呼ばれる「セロトニン」が欠乏しがちに。

実は、「五月病」を引き起こす一つの原因として、この「セロトニン」の欠乏が原因なんです。

いわゆる「うつ病」などは、脳から「セロトニン」が出にくくなることが原因。なので、意識的にアドレナリンを出すことも、五月病対策になりますよ。

「セロトニン」が出やすいのは、「リズム運動」といった、有酸素運動に代表されるウォーキングやジョギングがオススメ。

「連休明けなのに雨だから……」という方は、思い切ってスポーツクラブの見学を“本日のタスク”に入れてみては?

 

まとめ

いかがでしょう。

連休明けはなかなかやる気が出ないもの。その“やる気のなさ”が「五月病」につながりやすいんですが、嫌なことは「嫌」と逃げるのも一つの手段かもしれません。

ただ、現実的に「やる気が出ないが、やらねばならない」という方は、肩の力を抜いて、今回ご紹介したことを実践してみてくださいね。

 

◆あわせて読みたい◆

最近元気が出ない…そんな女性は「新型うつ」に注意

ランニング女子が可愛い!美ジョガーがモテる理由3選

脱・うつ病!イライラや鬱には腸内環境が関係していた

うつ病にも痩身にも!? ランニングで心身ともに美人になる

当人は「地獄」!社会不安障害を克服するには

 

 

Eye-catching image by

Woman sleeping at conference table / Paul Bradbury – Getty Images

気になったらシェア♪