不機嫌な果実でも?不倫する女性が快感を覚える理由

不倫 快感

昼ドラの『昼顔』から始まり、女性への不倫のイメージが「していても普通なのかな?」と錯覚してしまいそうな状況や空気が流れる現代。

金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実』では、栗山千明さんと成宮寛貴さんの不倫模様が描かれていますよね。

「なぜ女性は不倫をするのか」という理由は人それぞれでしょうが、多くは“現状”に満足できていないからでは?

中には、「不倫が快感でやめられない」なんて女性もいるようです。女性が「不倫の快感」を覚えてしまうのは何でなんでしょうか?

◆不倫をしているという「背徳感」!ドキドキが快感に変貌


By:Chas Ray Krider / Getty Images

男女が恋愛をするのは、恋愛をするとドーパミンが出て、それが“気持ちいい”と感じるから。

もし、新婚なのにも関わらず夫から“相手してくれない”という状況になれば、それまで“気持ちいい”と感じていた状況から一転、脳がドーパミン不足になってしまうんです。

ドラマ『不機嫌な果実』では、栗山千明さん演じる麻也子と、麻也子の夫役の航一を演じる稲垣吾郎さんには“3年以上も営みがない”という状況。

どうしても夫婦としてのつながりを感じることができないと、脳からドーパミンが出ないどころか、そのままドーパミンが欠乏して“寂しさ”すら感じ始めてしまうんです。

ドラマでは、成宮寛貴さん演じる健吾と“ハラハラ・ドキドキ”しつつ「背徳感」を覚えながらも、“不倫の心地よさ”から逃げられなくなってしまうようですね。

 

◆不倫は体から?単純に不倫相手との営みが気持ち良すぎて快感に


By:Tom Merton / Getty Images

夫婦仲の秘訣が「夜の営み」という方もいますよね。

ただ、ドラマでは栗山千明さんと稲垣吾郎さんは3年以上もの“レス状態”が続いているよう。

そんなときに、心の隙間を埋めてくれて、アレのテクニックも上手な男性と出会ってしまえば、もはやその不倫は快感一直線に。

「旦那では味わえなかった快感」を、不倫をして知ったという女性もいるのかもしれませんよ。

『不機嫌な果実』内では、成宮寛貴さんと栗山千明さんは、成宮寛貴さん役が既婚ではあったものの「栗山千明役の元カレ」という立ち位置。

「実は不倫相手は元カレなんです。私の気持ちいいところ知っているから」

そんな不倫妻も、今かなり増えているようですよ。

 

◆営み自体に「快感」を覚える理由は幸福感が得られるから


By:ArtMarie / Getty Images

不倫が快感になり、もはや抜け出せなくなるのは、「営み」自体に快感効果があるためなんです。

不倫相手と交わっていると、セロトニンやドーパミンが出て、それが「幸福感」に変わってしまうことに。

「家では嫌いな夫と同じ空気を吸わなきゃいけないけど、あの人と会うまでの我慢……」

そんな思考回路が出来上がってしまうと、さらに不倫相手との営みは“快感”になってしまうようなんです。

リスクを追いながらもなかなか不倫が止められないという方は、脳が不倫を“快感なこと”と刷り込んでしまっているからなのかもしれませんよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

ドラマ『不機嫌な果実』では、さらに“ハラハラ・ドキドキ”な展開が待っていそうですよね。

“不倫する奥様”がこれ以上増えて、「快感」を覚える女性が急増しないことを祈るばかりですね。

 

◆あわせて読みたい◆

http://www.lomero.net/2016/04/30/%E4%B8%8D%E6%A9%9F%E5%AB%8C%E3%81%AA%E6%9E%9C%E5%AE%9F_%E4%B8%8D%E5%80%AB/

 

Eye-catching image by

Couple relaxing together in bed / Tom Merton – Getty Images

不倫 快感

気になったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA