不安障害から開放!? 不安な状態に陥った時の改善方法

 

「社会不安障害(SAD)」を抱える方は、電車に乗車するだけで汗が吹き出すという人もいるようです。また、不安障害の一つである「パニック障害」も併発していると、出社や登校すらかなりのエネルギーを要します。

心的外傷後ストレス障害(PTSD)も総じて診断される「不安障害」ですが、できれば薬物療法以外にも対策をしたいところ。

ゆっくりと自分の症状と向き合ってみませんか?

◆不安障害は薬物療法に依存するのはよくない?


By:IAN HOOTON / Getty Images

重度の不安障害の場合は、セロトニンが欠乏状態になります。なので、医師からは「SSRI」というセロトニンを増やす薬が処方されることが多いはず。

この「SSRI」を服用し続けることも大事なのですが、問題は、医師は患者が「鬱状態」を訴えた場合は、「不安状態」などの診断をくださなければならないんです。

なので、もし仮に軽度の「不安状態」だったとしても、初診では、病名と処方箋はセットで出されるパターンが多いんです。

仮に何も処方せずに、その後、患者が大きな事故をしてしまえばとなると、医師は何らかの処方が必要となるんですね。

その際、信頼できる医師のアドバイスには従うべきですが、あまり薬物に依存しすぎると、「SSRIを断薬したい」というときに、なかなか止めづらい状態にもなりえるようです。

できれば、薬物療法は「不安障害・不安な状態を緩和する一つの手段」として活用すると“薬物療法への依存状態”にはなりにくいともいえますよ。

 

◆不安障害を改善するためには「深呼吸」が大事!?


By:Image Source / Getty Images

「不安状態」が続くと、どうしても呼吸が浅くなっている傾向の方が多いんです。

特に現代はPCやスマホを使用することが多いので、どうしても猫背気味で胸を圧迫しがちに。この影響も強いのですが、不安な状態が続くと、どうしても息が浅くなりがちに。

「不安障害」や「不安な状態」を改善するためには、しっかりと「深呼吸」を意識することで、かなり体の状態が軽くなります。

というのは、息が浅い状態だと、どうしても内蔵も圧迫され、体全体が重くなってしまいがちになるためです。特に、SSRIや抗不安剤を服用していると、眠気まで襲ってくるといわれています。

なので、体の重さと眠気が影響して、「不安な状態」で寝たきりになってしまうということにも。

「不安障害」を抱えた際は「睡眠」はもちろん大事なんですが、昼間まで寝てしまうと自律神経も乱れがちに。

生活習慣を整えるためにも、体の状態を少しでも改善したいですよね。

その際に、「呼吸」を日常で意識することで、できるだけ酸素を体内に取り入れる行動・運動が大事ですよ。

 

◆「不安障害・不安な状態」には有酸素運動やヨガで現状改善を


By:PeopleImages / Getty Images

もちろん、かかりつけ医を信頼して、薬物療法を続けることは大事です。

ただ、もっと劇的に改善する方法があれば活用したいですよね。

それが、ランニングやジョギングなどの有酸素運動と、体内の血流を促してくれるヨガなんです。

特に、有酸素運動を続けると、「セロトニン」が自然に出やすくなるので、自然な「不安障害」への対策にもなるんです。

とはいえ、重度の不安状態だと、なかなか体を動かすのも億劫になりがち。

なので、まずは「深呼吸」を意識したヨガから始めることをオススメしますよ。

「何かをしなければならない」ということはなくて、ヨガの基本は「呼吸法」から。


By:PhotoAlto/Eric Audras / Getty Images

座禅を組んで、腹式呼吸でゆっくりと息を吸い込む→ゆっくり吐くという行動を10分間することから始めてみては? コツは、自分の呼吸に意識を置くこと。

自然と腹式呼吸ができる状態になると、内蔵の状態もよくなって、体が軽くなってくることを体感できますよ。

もし、「ウォーキングやランニングをする元気が出ない」という方は、まずリラックスできる環境で「深呼吸」をしっかりすることから始めてはいかがでしょう?

有酸素運動の基本は「呼吸」にあるので、少し元気が出てきた状態から有酸素運動に移行すると、薬物療法と合わせて体の状態が改善しやすくなりますよ。

 

まとめ

いかがでしょう。

“不安な状態”が続く、社会不安障害、パニック障害、PTSDなどは、“無理をしないこと”が正しいのは間違いないです。

ただ、“無理をしなさすぎること”も、「社会から置いて行かれているのでは?」と不安になる方も。特に、真面目な性格の方は、その焦りで症状が悪化することもありえますよ。

じっくりと体の状態を良くしていくために、今日から「深呼吸」を意識しつつ、生活に有酸素運動を取り入れてみてはいかがですか。

「健全な精神は健全な肉体に宿る」ともいわれるよう、体調をうまく整えていってくださいね。

 

◆あわせて読みたい◆

当人は「地獄」!社会不安障害を克服するには

最近元気が出ない…そんな女性は「新型うつ」に注意

5月より4月に注意!? 「気分障害」や「新型うつ」の症状

脱・うつ病!イライラや鬱には腸内環境が関係していた

 

 

Eye-catching image by

FALSE / Hero Images – Getty Images

気になったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA