食事制限なしのダイエットには「朝のデトックス」が効果大

ダイエット デトックス

美容体重とまではいかなくても、他人から見れば普通体型。

でも、いわゆる「洋ナシ体型」で下半身のセルライトと贅肉が気になっているという方も多いですよね。

上半身はそれほど太っていないのに、下っ腹から足元にかけてのセルライトが気になる「洋ナシ体型」は、日本人の女性に多いんです。

そんな“下半身やお腹ぽっこり”や、“脚がパンパンのセルライト”には、朝のデトックスが大事なんです。

◆糖質制限ダイエットは逆効果?便秘や冷えが悪化して「痩せにくい体質」にも


By:Westend61 / Getty Images

正しい方法で指導者がいる、短期間の「糖質制限ダイエット」は効果大ですよね。

ただ、ネットの情報を独学で実践する「糖質制限ダイエット」は、代謝も悪くなることからリバウンドもしやすくなりますよ。

また、単純に“炭水化物を抜く”というダイエットを続ければ、代謝が悪くなるのでどうしても「冷え性」や「便秘」の症状が悪化しがちに。

「ダイエットに王道なし」とも言えるよう、実は「太りにくい体質」を作り上げるには、長期的なダイエット計画が大事です。

また、むやみに「糖質制限ダイエット」で短期的に痩せようとするのは、体調を崩すもとにもなりますよ。

 

◆バランスの良い食事で代謝アップ!「食べるダイエット」で太りにくい体質に


By:Jamie Grill / Getty Images

ダイエットというと、「食べない!」という方法を選んでしまうという方も多いですよね。

ただ、やはり「食べないダイエット」は独学だと、冷え性や便秘が加速しがち。結局、「今回のダイエットもだめだった」と自信を失うことにしかならないのでは?

やはり“しっかり食べて痩せる”ということが大事で、食事で代謝を上げるというのが最も大事なようなんです。

“しっかり食べるダイエット”で大切なポイントは3つ。

 

①朝は排泄の時間。酵素と軽めの食事でデトックスへ。

②昼はしっかり栄養を摂る。バランスよく野菜とタンパク質を。

③脂質は少なめに。消化のいいものを食べる。

 

ポイントは、きちんと3食を摂るということです。

ダイエット特集の雑誌やネットで、たまに「朝ごはんは食べなくてもいい」とありますが、朝に食べないと、腸が活発になりませんよ。

なので、朝は「排泄とデトックスの時間」としても、スムージーや果物などを選んで腸を刺激してあげましょう。


By:Tiina & Geir / Getty Images

「置き換えダイエット」という言葉もあるように、果物やスムージーを朝食にするのはオススメ。

また、食事では体を冷やすもの”や“脂っこいもの”は極力減らすのが大事なようです。

 

✨小麦製品よりご飯

✨砂糖は摂り過ぎない

✨油物を食べるときは、質のいい油(亜麻仁油、オリーブオイル)などでカバー

✨「置き換えダイエット」でもいいので朝食は摂る

 

少しの意識で「ダイエット効果」としてはかなり変化があり、「太りにくい体質」になる一歩ですよ。

 

◆朝のデトックスで大事なのは軽食+軽い運動


By:Matt Dutile / Getty Images

働く女性は、どうしても朝の時間に余裕はありませんよね。

ただ、ダイエットのことを考えるのであれば、朝は「デトックス」に最適な時間帯。

なので、起床後は軽いストレッチをした後に、5分から10分でもいいので、ウォーキングやジョギングをすると“代謝アップ”にいいんです。

その後、しっかりと旬の果物やスムージーで「酵素」を取り入れて、“排泄の動き”を良くすることだ大事。

食べないダイエットよりも、「置き換えダイエット」できちんと3食を摂るということが大切なんです。

また、朝は「排泄の時間」ともいわれているので、満腹感を得るまで食べるのはダイエットには敵かもしれませんよ。できれば、しっかり食べるのは昼食の時間帯がよさそうです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

「またダイエットに失敗した……」

そう感じてしまうのは、「食べないダイエット」で痩せようとしているからですよね。

また、「糖質制限ダイエット」は挫折したときのリバウンドのダメージも大。

きちんと3食を摂る食事と、朝のデトックス効果でうまく“代謝のいいカラダ”を目指してくださいね。

 

Eye-catching image by

Young woman stretching in bed / by UpperCut Images – Getty Images

ダイエット デトックス

気になったらシェア♪