「毒島ゆりこのせきらら日記」の前田敦子の体当たり演技

毒島ゆりこのせきらら日記 前田敦子

前田敦子さんといえば、元AKB48で“歴代最も人気があった”といわれますよね。

それゆえ、ファンの多さもそうですが、アンチの多さも有名。

芸能関係者への対応にも賛否両論ある前田敦子さんですが、『毒島ゆりこのせきらら日記』では、キスシーンやランジェリー姿、あるいはシャワーシーンなどの体当たり演技が見られましたよね。

そんな前田敦子さんの濃厚なラブシーンに、ファンはどう感じたのでしょうか?

◆役者としたの正念場?前田敦子の体当たり演技は通用するか


By:Ken Ishii / Getty Images

AKB48時代は“秒単位”での仕事をしていたという前田敦子さん。

映画やドラマに出ることは多かったものの、連ドラ主演は『毒島ゆりこのせきらら日記』が初。

ランジェリー姿やセクシーな声を出したりと、体当たりの演技にファンは興奮? あるいは、失望しているかもしれませんね。

 


共演する松田龍平さんには「棒読み」とディスられた前田敦子さん。

今回の『毒島ゆりこのせきらら日記』で一皮むけることは可能なんでしょうか?

 

◆シャワーシーンやランジェリー姿!キスシーンも披露?

『毒島ゆりこのせきらら日記』での前田敦子さんは、体当たりで“シャワーシーン”や“ランジェリー姿”、“キスシーン”まで披露しちゃいましたよね。

ルージュを塗る姿すら「興奮した!」というマエアツさんファンも多いかもしれませんね。

ランジェリー姿はファンには刺激ものだったのでは?

※各キャプチャはTBS『毒島ゆりこのせきらら日記』より

キスシーンでは、“あっちゃん推し”にはある意味、“きつい展開”になったのでは?

「愛は信じられない。だから二股をする」

決して1人の男性への愛を信用できない、前田敦子さん演じる毒島ゆりこが、政治記者となってどのような展開を魅せてくれるのでしょうか。

深夜枠ではありますが、前田敦子さんのファンは見逃せないかもしれませんね。

 

まとめ

『毒島ゆりこのせきらら日記』での前田敦子さんはいかがだったでしょうか。

AKB48時代とは違い、「女優の顔」を魅せてくれた前田敦子さん。

今後、同ドラマではさらに過激なシーンも放送されるかも? ファンにとっては“阿鼻叫喚”になったのか“破顔一笑”になったのかが気がかりですよね。

 

Eye-catching image by

(C) テッペン!水ドラ!!『毒島ゆり子のせきらら日記』|TBSテレビ

毒島ゆりこのせきらら日記 前田敦子

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA