5月より4月に注意!? 「気分障害」や「新型うつ」の症状

気分障害 新型うつ

4月になり、新たな環境でスタートという方も多いですよね。

そんな新天地での生活なのに、「やたらと気分が乗らない」とか、「イライラする」、「何もないのに気分が落ち込む」といった、「気分障害」や「新型うつ」を発症しやすいのも4月です。

「5月病」という言葉もありますが、今や4月からつまずく人多数。

そんな「気分障害」や「新型うつ」の症状や解消法をご紹介しちゃいます。

◆「新型うつ」の症状は?うつ病との違いとは


By:http://www.fuanclinic.com

従来のうつ病と違い、「新型うつ」は“好きなことは活動する元気がでる”ように、気分の良いときと悪いときの状況で症状が変わることも。

また、比較表にもあるように、従来のうつ病とは違って、攻撃的になったり、その攻撃の対象が他人だったりするところもあり、従来のうつとは症状に違いがあるようです。

最近元気が出ない…そんな女性は「新型うつ」に注意』でご紹介したように、「新型うつ」は“サボり病”だと思われがちに。

ただ、うつ病に関しては、職場や学校での理解も少しずつ広がってきているので、まずは自分の症状を冷静に自覚して、主治医にかかることも大事ですよね。

 

◆「気分障害」は4月に発症しやすい?「うつ病」や「躁うつ病」に注意

気分障害 新型うつ

「気分障害」とは「感情障害」とも呼ばれていて、気分が沈んだりハイになったりすることをコントロールできない症状です。

この症状は、4月の新天地で無理をしすぎると発症しやすく、気が緩んだGW前後に「5月病」を発症するのは、4月の新天地での“心理的な負担”が関係していることもあります。

気分障害(きぶんしょうがい、英: mood disorder)は、気分に関する障害を持つ精神疾患の一群である。世界保健機関の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)においては、カッコして感情障害と記述される。

ある程度の期間にわたって持続する気分(感情)の変調により、苦痛を感じたり、日常生活に著しい支障をきたしたりする状態のことをいう。うつ病と双極性障害など広範囲な精神的疾病がこの名称にあてはまる。

By:https://ja.wikipedia.org

男女問わず、気分障害に陥ると、その症状によっては職場や学校に行きたくなくなることもありえます。

今では、「新型うつ」や「気分障害」といった言葉が一人歩きしていますが、症状は人それぞれで違ってくるので、きちんと心療内科にかかるのも大事ですよね。

 

◆うつ病をあらかじめ予防するには「運動」や「生活習慣」が大事

ランニング女子 可愛い

脱・うつ病!イライラや鬱には腸内環境が関係していた』では、セロトニンを増やすことが“うつ病の改善”に効果大なことをご紹介しました。

実際に、うつ病にかかった際に医者からは「SSRI」というセロトニンを増やすお薬を処方されることが多いんです。

ただ、「薬を飲むのは抵抗がある」という方も多いですよね。

そういった方で、「なんか最近疲れるし、イライラする。元気も出ない」という方は、普段から適度な運動と規則正しい生活を送ることが大事。

うつ病にも痩身にも!? ランニングで心身ともに美人になる』でも、リズム運動がうつ病に効果的だということをご紹介しましたので、あわせて読んでみてくださいね。

 

まとめ

桜の花も散り始め、春の憂鬱感が出てくる人もいるかもしれません。

4月は新天地の環境で、不安定になることもありますよね。

普段から無理をせず、生活リズムを整えて「気分障害」などの予防をしっかりとしてくださいね。

 

◆あわせて読みたい◆

最近元気が出ない…そんな女性は「新型うつ」に注意

うつ病にも痩身にも!? ランニングで心身ともに美人になる

脱・うつ病!イライラや鬱には腸内環境が関係していた

1日を快適に過ごしたい!「セロトニン」をうまく増やす方法とは

気分障害 新型うつ

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA