硬水と軟水の違いで体臭に変化があるのは本当?

硬水と軟水

『中居正広のミになる図書館』で、“体臭”を気にして軟水ばかり飲んでいたロッチの中岡さん。

「硬水ばかり飲んでいると、体臭がきつくなりやすい」という理由で、日ごろから軟水ばかり飲んでいるようです。

軟水と硬水は、普段はそれほど“違い”を気にすることはありませんよね。口当たりが滑らかかどうかだけの違いだと思われる方も多いのでは?

硬水と軟水のどちらが体臭に影響があるのでしょうか。

 

◆硬水と軟水の違いって?どちらを飲めば体臭抑制にはどっちがいい?

水の“硬度”とは、カルシウムとマグネシウムが水1リットルあたりに何ミリグラム含まれているかの指標なんですね。

硬度120ミリグラム未満の水を軟水といい、120ミリグラム以上の水を硬水というようです。


By:http://www.alpina-water.co.jp

ロッチの中岡さんは、「硬水ばかり飲んでいると、汗の匂いが強くなる」と過信していたようですが、これは全くのデマだったようです。

では、体臭を抑制するためには、どちらの水を飲む方がいいんでしょう?

 

◆軟水より硬水の方がダイエットや体臭抑制に良い?

ロッチの中岡さんは、積極的に軟水を飲んでいたようですが、実は体臭の抑制やダイエットには、硬水を飲んだほうが効果的なんです。

というのは、硬水に含まれるマグネシウムには、腸を刺激したり、便を柔らかくする作用があるため、便秘解消にうってつけなんですね。

Lomero過去記事『腸内環境が原因!? 春の体の不調の原因と対策』でもご紹介したように、便秘は美容にも健康にも悪影響が大きいんです。

便秘だと毒素が腸にたまったままになり、その毒素が血液に入り込んで汗が臭くなることも。また、腸内環境が乱れると、ダイエットによくないですよね。

ダイエットや体臭、美容面を考えると、硬水を飲んだほうが良さそうですよ。

 

◆ただし軟水の方がデメリットが少ない!?

では、常に硬水を飲んでいればいいのかというと、そうでもないようです。

硬水は、胃腸に負担がかかったりして、下痢気味になることもあるんだとか。また、飲み心地も軟水より硬いので、ゴクゴク飲むのには口当たりがよくないということも。

その点、軟水は口当たりが滑らかですし、胃腸に負担がかかりにくいといわれます。

その時の体のコンディションで飲み分けてもいいかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

日ごろ、あまり軟水と硬水の違いを意識される方も、そう多くはないかもしれません。

ダイエットや体臭対策には、どちらかといえば便秘を解消しやすい硬水の方がオススメなようです。ただ、胃腸が弱いという方は、軟水を飲んだほうがいいともいわれます。

体のコンディションを日ごろから意識して、上手な水分補給でダイエットや美容面に気を配るのもいいかもしれませんね。

硬水と軟水

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA