新社会人が心がけることは「頑張り過ぎないこと」か

新社会人 心がけること

いよいよ新年度。

今日から“新社会人”として、社会に羽ばたいた方も多いですよね。

リクルートスーツに身をつつみ、いつもとは違った心持ちで乗った通勤電車での心境はいかがでしたか?

どんな職場に就職しようと、新社会人として心がけることはいくつかあります。

「会社でのし上がる!」だとか、「成功する!」、「男性社員には負けない!」と初日から気合の入った方も多いでしょうが、今回ご紹介する「新社会人として心がけること」は、むしろそういった方の出鼻をくじく内容かもしれません。

そういった方は、あえてこの記事を読まないことをオススメしますよ。

 

◆新社会人として最も心がけたいことは「頑張らないこと」

「意識高い系・新社会人」にありがちなのは、いきなり気合を入れて仕事をしすぎること。

社会のイロハもわからない状況なので、真面目すぎる方はついつい、キャパシティをオーバーして働こうとしてしまいます。

OJTなどでしっかりと「社会の基礎」を学ぶことは大事ですが、あまりにも一生懸命になりすぎると、心が疲れてしまうことも。

そんな状態が続き、半年もしない間に新卒入社の会社を辞めたという方も多いですよ。

男女の壁はなくなってきたとはいえ、女性は男性よりも会社内で“居心地が悪い”と感じてしまう瞬間も多いはず。

マイペースで無理しないことが大事です。

 

◆最初は謙虚な姿勢で色々と吸収・勉強を

IT関係などの実力主義の世界では、男女の壁なんてものはありません。

「実力を残した者が勝者」と言わんばかりの空気もありますが、新社会人としての初期段階では、あえて謙虚になることも大事ですよ。

「自分は強い。自分はできる」

乙武洋匡さんのような“力強い言葉”を先輩にぶつけても、最初のうちは社会人としての経験は足りないものです。

謙虚な姿勢で、先輩社員の仕事ぶりを盗むということも大事かもしれませんね。

 

◆新社会人が心がけたいのは読書!土日はあえて有意義に

新社会人の初期は、平日フルタイムの疲労に驚くはずです。

週末がくると、ついつい遅くまでベッドの中という状況は避けたいところ。

新社会人だからこそ、吸収できることはたくさんあります。新たな環境でできた友人などとの交流も大事ですが、ダラダラと過ごすのであれば、読書で教養を深めるのも大事。

学生の頃と、社会人になってからの読書の“理解の内容”は、また違ったものがあります。

男性も女性も、しっかりと教養を深めて、長い社会人生活のベースを作り上げては?

 

◆新社会人はやはり「無理しないこと」が大事

そうはいっても、最初は疲れやストレスが抜けにくいもの。

「もう会社行きたくない」となる前に、自分が頑張れるペースを見つけることが大事です。

何も、会社に通勤することだけが人生じゃありませんよ。確かに、生きていく上で“お金を稼ぐ”ということは大事。

でも、何も「会社員」にこだわる必要はないんです。

もっと気楽に、新社会人としてのスタートを切ってくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

4/1に入社式、そして土日で月曜からの“新たな生活”に複雑な思いをしている方もいるかもしれませんね。

マイペースを心がけて、素敵な社会人生活を送ってください。

新社会人 心がけること

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA