恋愛で嫉妬が止まらない理由と克服法4つ

恋愛 嫉妬

大好きなカレと付き合っていると、ちょっとしたことで嫉妬してしまいますよね。

嫉妬なんてしたくないのに、気付けば嫉妬心で悩んでいるなんて方もいるのでは?

特に、職場恋愛だったり学内恋愛だと、相手が自分以外の女性と話しているだけで嫉妬心が爆発しそうになる女性も多いかもしれませんね。

大好きなカレとはいえ、何でこんなに嫉妬してしまうんでしょう? その理由や克服法をご紹介しちゃいますよ。

 

◆嫉妬する理由1: 自分に自信が持てない

大好きなカレが女性から人気があったり、女性との交流が多いとついつい不安になりますよね。

それは、“自分に自信が持てない”という理由が大きいんです。

「私なんかと付き合うより、もっと可愛い子が多いから」だとか、「私なんかいつか振られてしまうんだろう」と自己卑下が強い女性は、ついついちょっとしたことで男性に嫉妬してしまいます。

でも、カレが“一般的に可愛い”とされる女性がタイプとは限りませんよね。それに、付き合っているということは、その女性への魅力があるから付き合うもの。

多くの女性がカレの周りにいても、「愛してくれてるのは私だけなんだ」と自信を持つことが嫉妬心克服の鍵ですよ。

 

◆嫉妬する理由2: いい女性を演じてしまう

付き合っていると、「もっと好きになってほしい」と思うのは自然なことです。

でも、自分の普段の姿以上に“いい女性”を演じてしまうと、ついつい心理的に疲れてきてしまいます。なので、ちょっとしたカレの行動で嫉妬心が強くなってしまいがちに。

たとえば、一緒に歩いているのにカレが違う女の人をジーっと見たりしているだけで、気分が悪くなることもありますよね。

そんな心境になると、「もっといい女性にならなきゃ」と無理して背伸びしてしまいがちですが、それが逆にストレスのもとになることも。

どんどん余裕がなくなってくると、心理的にも余裕がなくなりがちに。そうなると、カレの些細な行動に嫉妬してしまいやすいようになります。

ありのままの自分に余裕を持つことも、嫉妬心を克服する方法の一つといえそうです。

 

◆嫉妬する理由3: カレに依存しすぎている

恋愛に依存という言葉はつきもの。でも、あまりに依存しすぎて四六時中、カレのことを考えるというのは女性にとって大きなストレスの原因に。

男性というのは、付き合っている女性からの気持ちが“重い”と感じると、恋愛することが負担に感じやすいといわれます。

いくら好きだといっても、カレに依存しすぎて嫉妬心が止まらず、それがきっかけで別れるということは避けたいですよね。

そんな状況を克服するには、恋愛以外で夢中になれる趣味や物事を持つことが大事。

“恋愛至上主義”を公言するのもアリですが、やはり魅力的な女性というのは恋愛だけではなくて他のことも大事にしています。

嫉妬心で気分がスッキリしないとという方は、ジム通いなどして体を動かすのはいかがでしょうか。心身ともにスッキリしやすいですよ。

 

◆嫉妬する理由4: カレを信用出来ない


By:https://i.guim.co.uk

せっかく付き合っているのに、深層心理でカレを信用できていないと嫉妬心が大きく芽生えてしまいがちに。

たとえば、過去にカレが浮気したけど許したとか、ちょっとした嘘をつき続けるカレは信用できないと思ってしまうのが理由なんですね。

“裏切られるのが怖い”という気持ちは、付き合っているという関係なら誰でも芽生える感情です。

だからこそ、あえて余裕を持ってカレを信用するということも大事です。

また、「浮気ぐらいされてもいい。その女が魅力的なら、そいつのところへいけばいい」という心理的余裕も大事です。

というのは、男性は追われるより追いたいというタイプが多いため。

そういった意味でも、嫉妬心が芽生えやすい人は、心理的余裕を持つ訓練をすることが、嫉妬を克服する秘訣ともいえそうです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

恋愛をする上で、嫉妬ほど苦しいことはありませんよね。

嫉妬したくないのに嫉妬してしまう。そんなジレンマに陥った人は、気持ちに余裕を持つことが大事と言えそうです。

✨自分に自信を持つ

✨背伸びしないで“ありのままの自分”でいる

✨依存心を捨てて余裕を持つ

✨カレを信用する

 

嫉妬心に左右されない、ステキな恋愛をしてくださいね。

 

◆関連記事◆

どうしても忘れられない!元カレと復縁するにはどうしたらいい?

 

Eye-catching image by

Visual Meditation

恋愛 嫉妬

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA