不快な症状を改善!女性の便秘解消方法

『肝臓や腸…インナーケアをしなければ肌荒れ待ったなし?』でもご紹介したよう、便秘は女性にとって、肌や体調の調子を左右しますよね。

便秘の多くは生活習慣が原因といわれます。

便秘だと、体臭や口臭、肌荒れ、肩こりや頭痛、イライラの原因にもなって、女性にとって便秘はなんとか解消したい悩みの一つですよね。

今回は、そんな女性の便秘の解消法をご紹介します。

 

 

◆女性に便秘が多い理由って?

女性は男性より便秘がちな人が多いといいますよね。これには様々な原因があります。

 

ダイエット

女性はスタイルを気にしがちなので、無理なダイエットをしてしまいやすい傾向が。無理なダイエットは、食物繊維の摂取量を減少させるので、お腹の“つまり”の原因にもなるんです。

 

女性ホルモンの影響

月経前には、女性ホルモンの「プロゲステロン」が活発になり、腸の動きが鈍くなりやすいといわれます。また、体内に水分を溜め込みやすくなるので、便秘がちになってしまうんです。

 

筋力不足

過去記事でもご紹介したように、女性は男性より腹筋が弱め。なので、いきむとき、腹筋が弱いとなかなかスムーズに“つまり”が改善されませんよね。

 

冷え性

女性にとって、冬は特に“冷え性”になりがちですよね。夏は夏で、冷房が原因で冷え性にも。体が冷えると、胃腸の働きも鈍くなるので、“つまり”もうまく改善されません。

このように、女性は便秘を引き起こしやすいんですね。

 

◆便秘を解消する生活習慣にするには

内蔵や腸の働きは、自律神経に左右されるといわれます。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つの働きがあり、交感神経は活動中や緊張時に活発になります。また、副交感神経はリラックス状態に活発に。

内蔵は交感神経が優位になると活発になるんですが、腸に関して言えば副交感神経が優位なときに活発になりやすいとされます。

なので、副交感神経が活発な睡眠時は便を作り出すのに重要な時間。

生活習慣が乱れ、睡眠不足になると、“つまり”の原因になってしまうんです。

また、睡眠不足はストレスの原因にも。ストレスがたまると、腸の働きも鈍くなるので、“つまり”が進行しがちなんですね。

そのため、生活習慣を正すことも便秘解消方法への近道。

✨ウォーキングやジョギングの有酸素運動を定期的に

✨水分補給はしっかりと

✨白湯はダイエットにもよくて一石二鳥

✨腹筋を鍛える

生活習慣の改善と、ほどほどの運動が便秘解消方法としては最適です。

 

◆便秘予防のための食事や栄養補助食品は?

健康な便は、役8割が水分で、残りの2割は食物繊維や腸内細菌なんです。

だから、水分が不足しがちになると、便が硬くなり、便秘がちに。

便秘気味の人は、日中もきちんと水分補給をする習慣をつけることが大事ですよ。

また、食事面では食物繊維をきちんと摂ることを意識してくださいね。野菜は食物繊維がしっかりと含まれているので、普段の食事でも意識して摂るようにしましょう。

また、ヨーグルトや乳製品も摂るようにしたいですね。

善玉菌を増やしたりすることは、“つまり”解消に大切です。

あるいは、栄養補助食品を使うのも一つの手段です。スムージーなどで置き換えダイエットをしている人も多いと思いますが、たとえば『フレッシュフルーツ青汁(実質無料)』なら、食物繊維もしっかり摂れます。

また、ダイエット中はお肌が荒れがちですが、コラーゲン・セラミド・プラセンタも入っていて、美容効果も高いんです。

まさに、一石二鳥ですよね。

普通の青汁と違って、ジュースのような味わいなので飲みやすいんです。しかも、送料500円のみの負担で実質無料なので、試してみて損はないですよね。

 

まとめ

いかがでしょうか。

便秘気味だと、お肌も荒れて、ストレスも溜まりがちに。月経と重なると、そのストレスはたまらないものになりますよね。

✨水分補給はしっかり

✨食物繊維を意識して摂る

✨乳酸菌もうまく摂るように

✨ほどほどの有酸素運動で、心身ともに健康に

お腹の“つまり”をうまく解消して、ストレスから解消されてくださいね!

 

※本記事は「薬機法(薬事法)」に留意した記事内容です。

※本記事は、心療内科医師および整形外科医師のアドバイザーによる執筆内容です

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA