ホストクラブで「カモになりやすい」女性の特徴

ホストクラブにハマる女性には、ホストクラブなしでは生きることができないという人もいます。

きっかけは“友達に連れて行かれて”だったのに、気付けば一人でホストクラブに通いつめだした女性も多く、割り切れずにハマる女性も世の中には多いんです。

「一回だけ。興味本位で」と割りきっていたはずなのに、いつの間にかホストクラブにハマっていた。

そんな女性の特徴と、ホストの手口を紹介しちゃいますよ~。

 

 

◆ホストは裏では客の悪口で盛り上がる!?

ホスト シャンパンタワー

城咲仁さんというホストが全盛期の時代は、ホストクラブも華やかなイメージがありました。

でも今は、ややアングラなイメージのホストクラブ。

そんなホストたちですが、もちろん、お客様の前では笑顔で接客しますよね。ただ、裏にいけば“悪口”のオンパレードなんです。

「おい、Aテーブルの豚に唾入れたシャンディガフ持ってって」

「この間、C子と寝たんだけどあいつマジくせー。鼻つまんでしたわ」

「今日、D子にピンドン入れさすわ。入れさして、あとは酔わせて道に捨てて帰る」

など、タバコの煙をくゆらせながらゲスな笑いが止まらないんですね。

 

◆ホストの手口は様々!「オラオラ営業」に隠された男性の手口

ホスト オラオラ営業

ホストの営業スタイルにも色々あります。

いわゆる、“枕営業”得意とするホストもいれば、それはナシの“友営スタイル”、あるいは“オラオラ営業スタイル”もあります。

特にやっかいなのは、女性の弱みにつけこんでお金を出させる“オラオラ営業スタイル”です。

ホストの男性は、表向きはニコニコしてても、ホストクラブに来るお客様のことを“お金”だとしか思っていません。

1本800円程度で販売している安物のシャンパンを10倍以上の値段で飲ませ、“シャンパンコール”で煽るスタイルが一番、“手堅い”ともいわれます。

そんなシャンパンをオーダーさせるよう、女性の弱音につけこんで煽るスタイルが“手堅く”、“安全”なスタイルだといいます。

というのは、いくらドンペリなどの高いお酒をオーダーしても、つけて“飛ぶ”お客様が多いためだそう。

ちなみに、その“ツケ”のオーダーをしたお客様が飛べば、負担するのは指名されたホスト自身。

もし“飛ぶ”ようなことがあるのであれば、血眼になってまで探すといわれます。心を開いているように見えても、指名しているホストに免許証などの身分証を見せてしまうようなことは、地獄への一歩ですよ。

 

◆こんな女性がホストにハマりやすい!?

ホスト ハマる女

「ハマるわけないじゃん」

そう言っていた女性の多くがホストにハマっていくといいます。

ホストは女性の弱音につけこむのが得意ですから、少しでも悩んでいることやストレスを抱えた状態でホストクラブに行くと、うまい口車にいつの間にか“乗せられていた”なんてことも。

たとえば、失恋したての女性なんかは、ホストの絶好の“カモ”だといわれます。

その他にも、ハマりやすい女性の特徴が。

 

そんな“弱い部分”にうまくつけこみ、プレーヤーを信用させるのが“ホストの手口”なんですね。

  1. 昔から自分に自信がなく、男性経験も少ない
  2. 美人で男性に不自由はなかったのに、本気の恋愛ができない
  3. 大失恋をきっかけに、男性が嫌になった
  4. 付き合っていた男性からDVを受けていた
  5. 常に誰かがいてくれないと寂しい
  6. 男性に献身的すぎる
  7. もともとキャバ嬢などをしていてストレス発散がお酒
  8. 仕事でストレスがたまりすぎて絶望している
  9. 心が病んでいる

心当たりはありませんか?

 

まとめ

一時期に比べ、ホストクラブにハマる人は少なくなったようです。

でも、少しでもつらいことがあると、「癒やされたい」と思うことはありますよね。

そんなときに、偶然、あるホストと出会い、そのホストが自分のツボを知っていたら……?

ホストの手口は様々だといいます。あの坂口杏里さんもホスト絡みで地獄を見ている一人。

決して、ホストにハマって身を滅ぼさないよう、気をつけてくださいね。

マツコ会議 ホスト運動会もヤバイ!? 冬月グループとは

2017.07.15

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA