恋の成就率92%!? バレンタインでの「チョコの渡し方」で工夫するポイント

バレンタイン チョコ 渡し方

片思い中の女性にとっては、いよいよ待ちに待ったバレンタインですよね。

彼氏がいてもいなくても、既婚でも独身でも、女性にとってバレンタインは特別な日ではないでしょうか。

最近は「友チョコしか渡さない」という声も多いですが、普段あまり好きな人と話す機会がなかったりしても、バレンタインは“一世一代の告白”で恋を成就できるチャンスの日。

今回は恋する片思いの女性の皆様に、“恋の成就92%”のチョコの渡し方をご紹介しちゃいますよ~。

◆バレンタインチョコを渡すときはLINEを使うべし?

バレンタインチョコを渡すとき、直接会って渡すのは恥ずかしいという“シャイガール”もいますよね。

だからと言って、友達に渡すのを頼んだり、下駄箱にいれるだけだと「結局これ、誰のチョコ?」となる可能性大です。

そんな時は、LINEを使って渡したい相手に「帰り下駄箱に注目!」というように、せめてLINEでアピールしましょう。

「誰のチョコだよ? わかんね」となっているときに、急にLINEがくると男子の妄想はMAXになること間違いなし! シャイで一途な女性は、まずLINEでワンクッション置くのもいいかもしれません。

 

◆特別感を出して「一途な思い」を伝える渡し方

学校や職場で好きな人に本命チョコをさりげなく渡したくても、なかなかタイミングが合わないこともありますよね。

渡すとき、周りの人たちに“義理チョコ”じゃなくて、“本命チョコ”とバレると、周りの視線もついつい気になりがち。

そんなときは、大きい義理チョコを用意して、紙袋に入れてくださいね。

「ふだん、いっぱい食べそうだから、駄菓子屋で大きいチョコ買ったよ! はい、義理チョコ!」なんて言いながら、紙袋の中に本命チョコとメッセージカードも入れておきましょうね。

受け取る側も、「なんだよ……義理チョコかよ」と思いつつ、帰って紙袋をあけて“びっくり”のサプライズ効果は間違いなしですよ。

 

◆学校や職場では渡さずに、二人きりのシチュエーションを作る

職場や学校では、好きな男性とすぐに会えるのでその場で渡したくなりますよね。

でも、あえてそこは“チョコを渡すそぶり”は見せないでおきましょう。

バレンタインは、男性もソワソワしがち。そのまま何もなく日中を過ごし、「あれ? あいつ俺のこと好きっぽいそぶりだったのに、チョコくれないのかよ……」と思っている時がチャンス!?

タイミングを見て、電話やLINEで「会社の近くのスタバで待ってるね」などと伝えて、その後は気持ちを伝えながらチョコを渡してみてはどうでしょう。

学校や職場とは違い、二人きりだと素直な気持ちも伝えやすいので、やはり二人きりのシチュエーションは成功率も高いですよ。

 

◆やっぱり恥ずかしい!そんなときはカレの荷物にチョコをイン

いつも仲の良い同僚。事前に「ちゃんと義理チョコ渡すね!」と告知しておきましょう。

ただ、当日はそんなそぶりは見せないのがポイント。

「やっぱチョコレートもらえないのかな? だめかな?」と期待をさせておき、こっそりと好きなカレの荷物やコートにチョコを忍ばせておきましょう。

一度はがっかりした男性も、チョコレートに気づけば喜びも倍増!?

「なんだよ。そんなサプライズかよ」と、カレをキュン死させること間違いなしですよ。でも間違って、意中以外の男性を“勘違い”させないように注意ですよ。

 

◆やっぱり特別感は大事!他の男性とは明らかに違う特別なものを渡す

学校や職場で渡すとき、意中のカレ以外にも、義理チョコも配る必要がありますよね。そんなとき、頑張ってカレの周りの男性にも義理チョコを配ってまわりましょう。

いよいよ意中のカレに渡すときは、あえて特別感あふれるチョコを周囲の男性にみせつけるように渡すのがベスト。

「はい義理チョコ! ちょっとほかの人とは違うチョコだけど、義理♡」

そう言いながら渡しつつ、ラッピングしたチョコの中には“愛のメッセージ”が入っていると、周囲への“俺モテるんだぜアピール”と、渡されたときの態度とのギャップ萌えで、これもまたキュン死は間違いなしですよ。

 

◆恥ずかしいけどサプライズをしたい!そんな女性のチョコの渡し方

登校時間や出勤時間を早め、早々に意中のカレの机の上や中にチョコを忍ばせるのは、昔からある手法ですよね。

やはり学校や職場だと“恥ずかしさ”が勝ってしまいがち。そっと置いておくにしても、あえて“無記名”のチョコにしておきます。

「これ、誰からのチョコだろう?」

男性をソワソワさせつつ、あえて日中は何もせずにその様子を楽しんじゃいましょう。きっと、意中のカレは一日中、ドキドキしっぱなしなのは間違いなしですよ。

そんな状況を作り、放課後や帰社後にカレを呼び出します。

そこで、思い切って愛の告白! きっと男性は一日中“ドキドキ”していたせいもあり、告白されたらOKする可能性はかなり上がっているはずです。

一種の“吊り橋効果”かもしれませんね。

 

◆友達以上恋人未満のカレへのチョコの渡し方

普段、友達として仲がいい関係でも“つきあっていない”ってこともありますよね。

どうしてもバレンタインのチョコを渡すにも、気恥ずかしさが勝ってしまいます。そんな“慣れた関係”の男性には、さりげなくサプライズをしかけるのがオススメ。

デートや遊びに出かけるとき、まずコンビニにでも寄りましょう。

「はい、チョコレートあげる」と、デートの最初に500円程度のチョコを渡します。何ごともなく1日を過ごし、デートも終盤へ。

今年もバレンタインが“あっさり終わった”と思わせるまで待ちます。

帰り際、「これが渡したかったバレンタインチョコだよ♡ 大好きだよ♡」と言って、用意していた本命チョコを渡しちゃいましょう。

「あれ? もうもらったよね?」と思っているカレへのサプライズ効果は間違いなし!?

「最初のチョコはただのお菓子、こっちはバレンタインの贈り物です」と伝えれば、ロマンチストが多い男性だから、またまたキュン死させること間違いなしですよ。

 

◆もうマンネリ期間?既婚女性の旦那さまへのチョコの渡し方

仕事が終わって普通に帰ってくる旦那さまに、いつも通り「おかえりー」と言いつつ、笑顔でさりげなくチョコを渡しちゃいましょう。

結婚生活が長くなると、チョコを渡すのも気恥ずかしいですよね。ただ、やはり“ときめき”はいつまでも大事なもの。

あえて、“バレンタインなんて気にしてないですよ”という雰囲気でバレンタインを迎え、さりげなく渡すことが大事なんです。

その時、日頃の感謝の気持ちをこめて、「ちょっと恥ずかしいけど、いつも感謝してる。ありがとね」とチョコを渡すだけでも、“男女の関係”に戻ること間違いなしですよ。

 

まとめ

バレンタインのチョコの渡し方、いかがでしたでしょうか。

やはりバレンタインはどうしても“恥ずかしさ”が勝ってしまいがち。

でも、ドキドキしているのは、渡す女性だけではありませんよ。きっと、チョコを待っている意中のカレも、バレンタインという特別な日にドキドキしているはずです。

今この瞬間、「渡すのが恥ずかしいから、渡せる自信がない」という女性は、後悔する日がきてしまうかもしれません。

たとえ、8%の失敗に終わろうと、男性をドキドキさせることができれば、その男性の記憶に“あの子にチョコを貰った”という記憶をうえつけることができますよ。

失敗を恐れず、勇気を出して素敵ばバレンタインデーにしてください。

がんばって、92%の成功率にかけてくださいね♡

バレンタイン チョコ 渡し方

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA