「ナオミとカナコ」に共感者続出!? DV夫と離婚したいときの対策って?

ナオミとカナコ DV

ドラマ『ナオミとカナコ』がずいぶんと人気になってきましたよね。佐藤隆太演じる服部達郎のDVに、自分の姿を重ねてしまった女性も多いのでは?

ドラマ内ではそんな達郎に対して、“完全犯罪”で達郎を殺そうという展開になっています。

“殺したいほど憎い”と思う気持ちは、DVを受けた女性であれば皆そうなのではないでしょうか。ただ、DV夫は“アメとムチ”を利用し、女性の弱みに付け入るのもうまいですよね。

「そんな夫と別れたいけど、怖くてどうしたら良いかわからない……」

ナオミとカナコでは“完全犯罪”を敢行としますが、現実には“犯罪”ですよね。では、DV夫と離婚をする上で、どのようなことに気をつけるべきでしょうか?

Sponsored link

 

DV対策は「逃げること」!愛情が覚めたら逃げるが勝ち

By: http://blair.jp/wp-content

Lomero過去記事『ナオミとカナコから考える「DVの怖さとPTSDの精神疾患」について』でも取り上げたよう、DV対策としてDV夫から開放されるには、“逃げること”も一つの手段です。

そうは言っても、DV夫は暴言・暴力のあとは急に優しくなったり、外面がいいので第三者にはなかなか信じてもらえません。

そういうときは、逃げましょう。

自分の身を守るのであれば、“離婚”という選択肢も当然、考えるべきでしょう。

 

DV夫が怖くて離婚が切り出せない場合はどうすればいい?

By: http://livedoor.blogimg.jp

『ナオミとカナコ』のドラマ内でも、逹瑯は加奈子が少しでも反抗すると、暴言・暴力を繰り返しますよね。

これはDV夫の特徴で、自分の思う通りにいかなければ“男性としての力”を見せつけようとするんです。力では女性は男性になかなか勝てないことを、男性は知っているわけです。

だからこそ“怖い”と感じてしまいがちで、“逃げたい”とか“離婚したい”と思っても、情や恐怖が勝ってしまうので何もできないことが多いですよね。

そういうときは、なるべく情況証拠を作ることが大事です。

  • 被害状況を日記にする(できれば書面とデジタルの2つ残す)
  • 被害状況を録音する
  • 暴力を振るわれていたら、傷跡やアザを撮影しておく
  • 第三者の証言(知っている人がいれば)
  • 精神科医での診断書
  • LINEなどで暴言があった際のキャプチャ

上記のよう、客観的な証拠を残せば、いざ“裁判”となっても有利になりますし、相談センターや法テラスなどでの相談進行がスムーズになりますよ。

 

DV夫は怖いけど愛は冷めていない…どうすればいい?

By: http://g-po.jp

DV夫は、自分自身が暴力・暴言で妻を傷つけた後、ふと冷静になって罪悪感にさいなまれる人が多いようです。なので、DVの後に急に優しくなったりすることがありますよね。

ただ、それは一時的な反省の可能性もあります。

“離婚”という選択肢を選ばないのであれば、DV夫の暴力や暴言を直してもらうようにしましょう。その際、夫婦同士だとまた諍いが生まれてしまいますので、親しい友人に協力してもらうなどして、第三者を交えてしっかりと話し合うことが大事です。

その際、念書などで“暴力・暴言をふるわない”ことを約束してもらってはいかがでしょうか。

たとえ書面にしても、DV夫の暴力がやまないことは多いですが、こういうときは実家に帰ったり、親しい友人にかくまってもらうなども必要です。

それも難しいなら、市役所や区役所に相談すれば、かくまってもらえることもあるようです。

 

まとめ

DV対策としては、やはり自分の身を守ることが大事ですよね。

『ナオミとカナコ』のドラマ内では、あらすじを見るとどうやら達郎を殺してしまうようです。

「旦那を殺したいほど憎い」

そういう方は、案外、世の中に溢れかえっているのかもしれません。憎しみや恐怖から開放され、自分自身を大事にすることが、DV対策として最も大事なことではないでしょうか。

『ナオミとカナコ』はハラハラ・ドキドキの場面が続きますが、ドラマを見て“フラッシュバック”がやってこないような環境にしてくださいね。

 

関連記事

http://www.lomero.net/ナオミとカナコ

 

TOPBy

http://drama.matomemato.me

 

ナオミとカナコ DV

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA