それって友達!? いま流行りのソフレやキスフレって?

ソフレ キスフレ

今や、“ソフレ”や“キスフレ”なんて言葉も出てきて、あげく“カレカノ”は付き合っているということではなかったりと、セカンドパートナーも流行っていますよね。

「寂しい」という思いが強くなった結果、今は付き合ったりせずに気軽に寂しさをうめられる“ソフレ”や“キスフレ”が人気なんだとか。

キスフレやソフレってどんな存在なんでしょうか?

 

 

◆そもそも「ソフレ」ってなに?

ソフレとは、“添い寝フレンド”の略。本当に添い寝をするだけなのか疑問なのですが、草食化が激しい日本の男性ですから、肉体関係のないソフレであっても受け入れてしまうのでしょうか。

いろいろな声をまとめると、ソフレは気軽で解消しやすいのがいいんだとか。

 

  • 家族といるような安心感がある
  • 肉体関係はないので、嫉妬もないし、簡単にさよならできる
  • 友達以上で、友達には相談できないことも相談できる
  • 気が合えば、彼氏として見てもいいかも?のお試し期間
  • 肉体関係があるような罪悪感はない

 

一時の“寂しさ”をうめるのに、ソフレは最適だという人は急増中なんです。

一緒にご飯やお酒を楽しんで、ちょっとイチャイチャっとして、そのまま終わりなんて、男性は我慢できるんでしょうか?

 

◆さらにエスカレート!? 「キスフレ」ってなに?

ソフレが添い寝だけするフレンドなら、キスフレはもちろん、“キスをするだけのフレンド”ですね。正直、キスしてしまえば情が移ってしまいそうなものですが、どんな心理で“キスフレ”になるんでしょうか。

こちらもやはり、“後ろめたさ”がなく寂しさをうめられる異性を求めるからなんだとか。

 

  • フランス人だってフレンチキスしてるじゃん
  • キスに特別な意味はなくて、挨拶みたいなもの
  • 彼氏がいなくて、キスする相手いればなんとなく寂しくない
  • 付き合うのが面倒。ドロドロするのが嫌だからキスフレがいたらOK
  • ちょっとイチャイチャするまでが気持ちいい

 

これも、その場かぎりの寂しさをうめる相手を見つける行為だといえそうですね。

また、「もっと仲良くなったら、カレカノ昇格、もっとよかったら彼氏・彼女に!」なんて言うんだから、ソフレもキスフレも結局、友達なのかお試しなのかわかったもんじゃないと理解に苦しむ方もいるかもしれません。

 

まとめ

いかがでしょう。

今の若い人は“恋愛をしない”といわれるようになりました。それは、“面倒だから”とか、“ドロドロするのが怖い”と、踏み込んだ関係になることを恐れているように感じるという方もいるのでは?

若い時に傷ついて、相手の嫌なところを見て、それでお互いに成長できるのが恋愛のよさなのかもしれませんが、最近はセカンドパートナーという言葉もありますよね。

ただ、一番いいのは「本命」との癒やしの時間であることは忘れないで下さいね。

女性とは違う!男性が求める「肉体関係がある」セカンドパートナー

2017.04.21
ソフレ キスフレ

気になったらシェア♪