すそわきが対策の基本?「石鹸」をうまく使ってニオイケアを

「やたら生理時にムレて、デリケートゾーンのニオイが強い気がする」なんて女性も多いですよね。

そのニオイ、“すそわきが”ではないでしょうか。そもそも“すそわきが”とは、陰部から“わきが”のようなニオイを発するものです。

あまり自覚することができない症状ですが、すそわきがは清潔に保つことでもかなり改善させることができます。ただし、その洗い方に注意が必要なんです。

 

「すそわきが」での石鹸をつかった洗い方に注意

カレとのベッドタイムの後、「お前のアソコ、臭いんだけど」と言われたりしたら、カレといちゃつくのも“恐怖”になりますよね。

そうはいっても、石鹸でゴシゴシとデリケートゾーンを強く洗っている方は注意です。

そもそも、“すそわきが”の原因は、汗腺の一つである「アポクリン汗腺」というところからニオイを発する汗が出て、それが陰毛にある雑菌と合わさって繁殖することから。そのニオイは、“わきが”と一緒だともいわれます。

「だからゴシゴシ洗うえばいいんでしょ」と思われがちですが、雑菌にはニオイを発しないいい菌である「善玉菌」と、悪臭の原因である「悪玉菌」があります。

洗い過ぎると善玉菌まで殺してしまい、自浄作用が低下してしまい、抵抗力が落ちてしまうんですよね。

結果、皮膚にもよくなく、余計にすそわきがのニオイが強くなってしまうこともあるようです。

 

あまりに悩み過ぎるのであれば手術も選択の一つ

“すそわきが”のせいで自分に自信が持てず、悩み過ぎるというのであれば手術という選択肢もいいかもしれません。

最近では、切開する手術だけではなく、レーザー治療やボトックス注射のよう、日帰りで可能な施術もあります。問題は、施術に抵抗があったり、費用が掛かるっていうところでしょうか。

 

ネットでも購入可能!デリケートゾーン専用の石鹸にこだわる

身近なもので解決したいのであれば、すそわきが専用の石鹸やクリームを揃えるのも一つの手です。

「結局、どれがいいの?」という悩みもあるようですが、そういうときはネットでの口コミを吟味したり、女性スタッフのみの店頭販売のショップで相談するのもアリですね。

「そういうのは恥ずかしい……」という方も、最近はネットで何でも情報が得られるので便利になってきましたよね。ただ、「買ったものが効果がなかった」とならないよう、気をつけてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか。

“すそわきが”はなかなか解決することが難しいものの、石鹸やクリームなど、自分にあったものを選んでニオイケアをすることが大切だといえます。

手術するか迷っているという方は、自宅でできるデオドラントケアの見直しをすることも大切ですよ。

 

夏になると特に臭い!すそわきが&おまたの匂いを解消

 

気になったらシェア♪