「束縛してしまう」or「束縛される」心理と対処法

恋愛をすると、ついつい束縛したり、束縛されたりということはつきもの。

束縛に関しては、男女ではその“捉え方”が違うようで、男性は女性の“考え方や行動”を束縛したがるのに対し、女性は男性の“時間”を束縛したがります。

具体的にいえば、女性は男性と一緒にいる時間をとにかく大切にします。彼氏が友達といようが、仕事にいってようが、LINEをついつい送ってしまったり、“もっと相手をしてほしい・自分のことを見てほしい”という欲求が勝り、男性の“時間”を束縛してしまうんです。

それに対して、男性は女性に対して“自分の考え方”や“行動”の価値観を押し付けます。たとえば、彼女が自分と違う意見や考え方をすると“イラッ”としてしまい、それを正そうとしてしまうのも束縛。

この束縛ですが、男女とも“ほどほど”であれば恋愛のスパイスとなりいい刺激もあるのですが、過度の束縛だと疲れてしまいますよね。

そんな束縛の心理と解消法を考えてみましょう。

 

 

◆なぜ恋愛で「束縛」をしてしまうの?

束縛 なぜ

多くの理由の一つに、“自分に自信が持てない”ということが挙げられます。

たとえば美人の彼女と付き合っている時、「俺なんかフツメンだし、もっとカッコイイ男から言い寄られて彼女が去ってしまえば……耐えられない」という不安心理から、彼女を“逃したくない”という深層心理が働き、彼女を束縛してしまいます。

「誰と合うの? 何時に? どこで? なんで遊びに行くの?」とまでなれば、かなり重症の束縛ですよね。鬱陶しい気持ちもわかりますが、「カレは不安なんだな」と理解してあげることも大事ですよ。

それにこれは女性の場合も当てはまりますよね。

「本当に遊び相手は友達? 浮気してるんじゃない? でもカレを疑いたくないし……」と我慢ばかりして態度には出していないつもりでも、実はその“我慢”の気持ちが彼氏に伝わっていることもおおいにあります。

これも“束縛”の一つですよね。

 

◆カレ・カノからの「愛情」に不安があるときに束縛してしまう?

愛情 不安

男性は不器用なもので、「愛してるよ」だとか、「お前のことだけ好きだよ」なんて言葉にするのを“恥ずかしい”と思ってしまう傾向がある方も多いようです。

だけど、女性からすれば“言葉にしてほしい”と思いがちですよね。

「最近、好きとか愛してるとかきけてない……」と不安になり、相手の愛情が不安にあり束縛をする方も多いのでは?

不安な気持ちはわかりますが、その“重い”気持ちは、付き合っているカレ・カノに対して負担になるもの。

もし不安なら、むしろこちらから焦らしてみたり、どうしても不安なら自分自身から“重く”ならないように、「好きだよ。愛しているよ」と言う習慣をつけるのもおすすめです。

 

◆実は自分自身が「浮気をしたい」と思って束縛している

これは特に男性に多いのですが、自分に“やましい”ことがあると「相手も同じことをしているのではないか?」と不安になり、束縛してしまうというケースもあるんです。

実に身勝手な“束縛”ですが、「俺は実はアノ子と“したい”と思っているから、彼女も男友達と“したい”と思ってるんじゃないか」という心理から、相手を疑ってしまうことが多いようです。

これは一種の“ミラー現象”で、俺もそうなんだから相手もそうなんだという、一種の妄想から生じることもあるよう。

もしカレの束縛が激しいなら、「私は愛してるけど、あなたは私のことをちゃんと愛してる?」と目を見てニッコリ笑ってみましょう。

やましいことがある男性は、何か言い訳をするかもしれませんね。

 

まとめ

恋愛に多少の束縛はいい刺激になるもの。でも、それが“重い”束縛だったり、“ストーカー”のような束縛だったら、どうしようもなく疲れてしまいますよね。

ただ、そこで「こいつとは付き合えない」と判断するのも、少しもったいない気がします。

“なぜカレ・カノは束縛するんだろう”という相手の気持ちを察してみて、ある程度、こちらか歩み寄るのも愛情の一つですよ。

ただ、あまりに過度な束縛で“共依存”になってしまっては破滅が待っているので、ほどほどの束縛で恋愛を楽しんでくださいね。

気になったらシェア♪