未婚化の象徴?香取慎吾演じる「家族ノカタチ」

本日、2016年1月17日の21時から、日曜劇場『家族ノカタチ』が始まります。

『下町ロケット』があまりに視聴率が高かったため、「むしろ次作はそれほど期待していない」という方もいらっしゃるかしれません。

ただ、香取慎吾さん演じる今作品、ストーリーは“現代にいきる男女”をうまく描写できているんじゃないでしょうか。

 

「あえて結婚しない男」と「再婚しない女」は現代で増加中?

公式HPによると、ストーリーは以下のようです。

香取が演じる主人公・永里大介(ながさとだいすけ)は、結婚に超後ろ向きな39歳独身だが、決してモテない男ではない。しかし、本気で「一人がいい」と考え、この年でわざわざ自分の生活圏内に他人を迎え入れるリスクを犯したくないと、自分の城を守るように、こだわりに満ちたシングルライフを満喫しています。

結婚することが当たり前でなくなってきた現代社会で、もはや少数派でなくなった“結婚できない男”を、香取がまさに等身大の魅力で演じる姿は、間違いなく今までに見たことのない本作ならではの見どころのひとつとなります。

そして、物語を盛り上げるもう一人の”こじらせ”キャラは、上野演じる、大手商社に勤務する32歳バツイチ独身OL・熊谷葉菜子(くまがいはなこ)。

一人身である事に明確な意思を持つ、”再婚しない女”で、老後の生活もすでに準備中。自らの仕事に対する責任感は強くハードワークをこなす一方、他人にも厳しいクレーマー気質の持ち主です。

そんな大介と葉菜子の2人は、出会った直後から何故か常に喧嘩が絶えないが、実は似た者同士の部分も多々あり……

参考:http://www.tbs.co.jp

 

2ちゃんねら風に表現すると、「付き合ったり、一夜の遊びならいいけど、“結婚するのは気乗りしない”」という男性をイメージしました。

たしかに、現代では“あえて結婚しない”男性が増えているように感じます。

結婚して、金銭的にだとか、時間的にだとか、自分の時間を犠牲にしてまで“結婚をしたい”と思える男性も減ってきているようですし、むしろ「なんで結婚なんかするの? メリットないでしょ?」という風潮すらあるみたいです。

香取慎吾さん演じる永里大介は、そんな“こだわり”を持ったシングルライフを満喫する男性のよう。

img_56a44b1471a63

ご自身も結婚されていないことから、どのような演技を見せてくれるか楽しみです。

現代の“結婚できるけどしない”、男性のイメージに近いものを見せてくれるのでしょか。

 

「結婚しないこと」を選ぶ上野樹里演じる熊谷葉菜子

ueno

現代では“働く女性”が増えて、仕事に生きがいを見出して結婚をしないとか、結婚していたけどうまくいかなかったなんて女性も多いのではないでしょうか。

上野樹里さん演じる熊谷葉菜子がどのような“キャラクター”なのかは実際に見てみないとわかりませんが、演技派女優・上野樹里からも目が離せませんね。

 

他にも豪華メンバーが出演します!

田中莉奈:水原希子
佐々木彰一:荒川良々
入江春人:千葉雄大
山根さとり:柳原可奈子
永里浩太:髙田彪我
梢 あや:中村アン
澤 喜伸:奥田達士
小山有香:永尾まりや
福田亜由美:小西キス
田中伸明:入江雅人
安藤智治:柴 浩二

大野美佳:観月ありさ(友情出演)
高瀬和弥:田中 圭
永里美佐代:浅茅陽子

シゲさん:森本レオ
永里 恵:水野美紀

熊谷律子:風吹ジュン
永里陽三:西田敏行

 

“家族とは何か”、“結婚とは何か”を、このドラマを見て改めて考えてみたいですよね。

 

【参考/画像出典】

http://www.tbs.co.jp/kazokuno_katachi/

気になったらシェア♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA